葬儀の前の通夜の時につきましては挨拶のマナーと、服装のマナー、そして死因についてのマナーというものがあります。

残されたものにとって大事な儀式 お通夜と葬儀 
残されたものにとって大事な儀式 お通夜と葬儀 

葬儀の前の通夜に参加する時のマナー

葬儀の前には通夜というものに参加していくことになります。そちらに参加するためにはいくつかのマナーというものが存在しています。そのマナーというものですが、まずは挨拶というものがあります。受付をする時につきましては、そちらできちんとした挨拶が必要です。まずは最初にどういったことが必要なのかを確認していくことが重要です。その挨拶につきましては、ご愁傷さまでした、というようなことを伝えていきます。そして、お悔やみ申し上げます、とつけ加えておくのがよろしいでしょう。挨拶はしっかりとできなければいけませんので、覚えておかなければいけないものでもあります。また、他にもマナーはありますので注目してみていくと良いでしょう。

また通夜のマナーというものですが、上記した受け付けがない場合もあります。そうしましたらご遺族の方に声をかけていくことが必要になります。そして通夜に参加する時ですが、服装についても考えていかなければいけません。しっかりとした格好をしなければいけないと思っている方もいますが、通夜というものは基本的にすぐに行われることがあります。ですので、そちらにすぐに駆けつけるということが重要になります。そのような意味からも、普段着の格好でよろしいものになります。また通夜につきましては、死因につきましては聞かないようにするべきです。お葬式の時に喪主の方のあいさつでそういったことに触れてくれることが多いので、その時に聞けばよろしいのでこちらから聞く必要はありません。