私は葬儀で通夜のお手伝いをしたことがあります。受付やお香典の領収書をかいたりしたことがあります。

残されたものにとって大事な儀式 お通夜と葬儀 
残されたものにとって大事な儀式 お通夜と葬儀 

葬儀で通夜のお手伝いをしたこと

私は結婚してから主人の会社の方が亡くなってしまったので葬儀や通夜でのお手伝いをしたことがあります。結婚していないときはやったこともなかったので初めての経験でした。主人に頼まれて受付をやったり、お香典の領収書書きをしたりしていました。こういうお手伝いを今まで意識していなかったので結婚してから初めてこういうこともやらないといけないことがわかったのです。私は少しでも自分が力になれるのであればいいと思っていました。

領収書に名前を書いて香典返しと一緒にわたりたりすることをしていました。あまり普段字を書かないのですごく緊張をしました。そして他にもお手伝いをすることもあります。お通夜での料理を出したりする仕事もしたことがあります。料理を並べたりする仕事もあったのです。そういう女性はお手伝いの仕事もあるのです。その時思ったらのが、黒いエプロンが必要だということです。急なことだからエプロンを準備していない人もいると思います。だから結婚したら黒いエプロンは必要だと思います。

葬式では皆さんが悲しんでいるので何も手がつけられない場合があります。だからこそみんなの協力が必要なんだと感じました。職場の方の不幸で対応できるように私も協力できることは強力したいと思いました。いつ何が起きるのかわからないので協力できることはしてあげたいと思いました。通夜では夜遅くまで亡くなった方の思い出を話したりしてご冥福をお祈りしたいです。