通夜や葬儀で慌てないマナーは、故人を偲ぶ気持ちは大切ですが遺族への配慮も忘れてはいけないことが含まれている。

残されたものにとって大事な儀式 お通夜と葬儀 
残されたものにとって大事な儀式 お通夜と葬儀 

葬儀や通夜のときに慌てないマナー

葬儀や通夜の急な知らせに慌てて、マナー違反をしてしまいがちですが、きちんとマナーを知っておけば、慌てているときも安心して、ご遺族にお悔やみを述べることが出来ます。まず、故人の訃報に驚き、ひとまずお悔やみを伝えたい気持ちはだれにでも生まれる気持ちではあります。しかし、深夜の訪問や電話でのお悔やみは非礼となります。故人のご家族は、お葬式を控え悲しみの中で準備を行っています。ひとまずと思っても、お葬式の時にお悔やみを述べるようにしましょう。同じように、遺族の方への負担となるのが、喪家への長居になります。ご近所や家族ぐるみでのおつきあいだった場合などは、お手伝いできることを伺い、できることはお手伝いし、それ以外は早々に引き上げるようにしましょう。通夜や葬儀の前後に遺族との挨拶を長々と行うのも、マナー違反となります。もちろん、弔意を示したい気持ちは遺族もわかってはくれますが、故人とのお別れとゆっくりとしてもらうためにも、挨拶は手短に述べるようにすると、ご遺族への負担は減らすことが出来ます。

ご遺族への最低限の配慮を行うことが出来れば、通夜や葬儀に参列した際のマナーに気を付ければ、ご遺族のお気持ちも汲んであげることが出来ますし、訃報に慌てることも無くなります。参列の際には、通夜の際には地味な平服で構わないとされています。これは、取り急ぎ駆けつけるという意味合いが現在でも強く残っているからであり、派手なものを取り外し地味な平服での参列で構いません。葬儀の際には、ブラックフォーマルを着用します。アクセサリーや靴下など見落としがちな部分ではありますが、控えめな服装を心がけることが大切です。マナーというと、たくさんのタブーがあるように感じますが、故人を思い、遺族への配慮を考えることが一番大切なこととなります。