葬儀を出席すると思いますが、通夜は年齢を重ねるにつれて参加すると思うので、知っておいて良いと思います。

残されたものにとって大事な儀式 お通夜と葬儀 
残されたものにとって大事な儀式 お通夜と葬儀 

葬儀や通夜で出席する時に

葬儀はなかなか経験する物ではないかもしれませんが、やはり年齢を重ねるにつれてその様な場面に出会う事も多くなるでしょうし、しっかりした態度で降るまわなければならないと思います。実際、色々な話を聞いてみるとこの様な場面に出くわした時に年齢はあまり関係ないんだなと思う事があるようです。どう言う事かと言うとやはり出席などした事が無い人なんかはどの様な事をしなければならないか、どれ位のお金を包んだら良いか等色々な事が分からない事が多く、その独特な雰囲気だけでなく宗派などによっても大きく異なるので面白いと言うのは変かもしれませんが、やはり出席しないと分からないと思います。自分の家で通夜があった時にびっくりしたのは、通夜の間お経を皆で唱えると言う形でした。合唱の様な形ですので、こう言うお経のし方もあるんだなと思います。また、別の通夜では坊さんが数人横一列に成り、合唱の様な形で木魚等を叩いていたのを見て驚いた記憶があります。

葬儀に出席しないと分からない話しですし、なかなか出席を喜んでする人もいないので、わかない事も多いかと思います。通夜は告別式に比べて関係を持っていた人に関してですとやはり出席すると思いますし、そう言う時に何か失態が無い様にした方が良いかもしれませんね。もし、分からない事があったりしたらインターネット等で基本的な情報を仕入れておく事も急に何かあった時に対して大事なことなのかもしれませんね。